あらたなブログ 引きこもりの生活

対人恐怖症で引きこもっています。

遊戯王シャドーボックス 「聖刻龍ートフェニドラゴン」

こんにちは、あらたなです。

 

今回のシャドーボックスは遊戯王の「聖刻龍ートフェニドラゴン」で作りました。今回は8枚で作っています。


f:id:aratananews:20191205234207j:image

f:id:aratananews:20191205234204j:image

今回の作品は今までで1番時間が掛かりました。それに小さなパーツが大量にある上に、同じ様なパーツばかりなのでモチベーションの低下も著しかったです。

 

 

今回の作品で1番気に入っているところは手の部分です。

f:id:aratananews:20191205234252j:image

小さなパーツですが、指の位置による立体感を上手に再現できたと思っています。

本来は爪のパーツをさらに重ねようとしたのですが、やってみると微妙な違和感があったのでやめました。

 

 

一方でこの作品は今まで以上にどうすればいいか悩むところが多かったです。一つ目は顔の部分です。

f:id:aratananews:20191205234306j:image

人型のキャラの顔は基本的に平らで凹凸が少ないですが、ドラゴンなどは口が前に出ています。それにこのイラストはドラゴンの口が開いていて、口の中は凹んでいます。

今回は写真のように口をくり抜いて作りました。それに多少ですが、口の辺りが前に出るように曲げています。

ですが本来の顔の形に比べるとまだ立体感が足りません。シャドーボックスで作ろうとすると今のわたしにはこれくらいが限界ですが、どうにかしてもっと凹凸を大きくしたいです。

 

 

二つ目は翼の部分です。

f:id:aratananews:20191205234435j:image

この絵の翼は本来光の放出によって形作られているので、明確な輪郭が在りません。元のイラストでは少しずつ薄くなるように描かれています。

ですがシャドーボックスのする場合は明確に切り取らなければなりません。

仕方がないので今回はなんとなくの色の明暗で境界を定めてで切りました。切った当初は違和感を感じていたのですが、完成してみると意外と様になっています。多分元の絵を知らない人が見れば何も思わないんじゃ無いでしょうか?

 

 

3つ目は体全体の鎧です。

f:id:aratananews:20191205235255j:image

今回は本来の形に近づくように、白い肉体部分を先に作り、そこに黄金の鎧を着せるようにつける事を心掛けました。

鎧のパーツは尻尾の部分含めて全て個別に作っている上に、裏面を剥がして薄くしたり、モデラーで曲げたりとかなりの労力をかけました。

ですが特に工夫したようには見えませんね。すごく時間がかかった割には普通の出来になってしまいすごく残念です。

 

多分鎧の重厚感が足りないのだと思います。ですがどうやったら金属の重みや質感が出るのかが分かりません。これも今後の課題の一つです。

 

他にも色々と微妙な点があって、あまりいい出来だとは思っていません。技術的な問題もありますが、このイラストはあまりシャドーボックスには向いていないとも感じました。

それに私は人型のイラストの方が好きみたいです。作っている時のモチベーションもかなり違います。

今回でドラゴンに苦手意識を持ってしまったので、当分は人型のイラストばかりになるかもしれません。

 

次は遊戯王以外の、母にもらった絵で作るつもりですが、今後も遊戯王カードでたくさんのシャドーボックスを作っていきます。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

遊戯王シャドーボックス 光霊使いライラ

こんにちは、あらたなです。

 

今回のシャドーボックスは遊戯王の「光霊使いライラ」を作りました。今回は7枚で作っています。

f:id:aratananews:20191103210500j:image
f:id:aratananews:20191103210455j:image

今までの作品とは一段違う作品ができたと思います。今まで以上に細かく、丁寧に切ったので、すごく綺麗に出来ました。

切り残しや切り口の白い部分などはほとんど見えません。写真写りは悪いですが、折り曲げることで出来た光沢がちょうどいい具合にでていて、ツヤ出しのスプレーなどを使わなくても問題ないと思います。

 

 

特に自信があるのは右腕の辺りです。

f:id:aratananews:20191103210603j:image

腕がちゃんと袖の中から出ているように見えますし、杖を握る手にも違和感はありません。

袖の部分のパーツをかなり曲げて、袖の内部に空間を作ったことでリアルな立体感が出来ました。いつも通りのやり方では上手くいかなかったので、両腕は胴体とは別に手首と袖を完成させ、その後つけています。

 

 

杖の左右に付いている、先に毛の付いた鎖のところも個人的に満足のいく出来になりました。

f:id:aratananews:20191103211017j:image

細くて切るのが難しいのも勿論ですが、一番大変だったのは接着です。

構図出来にはかなり手前に来ているので高くしなければいけないのですが、土台を作るにはパーツ自体が小さすぎます。右側は袖に重なっているのでまだなんとかなりますが、左側は7枚では確実に足りません。

なので杖の輪っかと重なる部分のみで支えなければいけないのですが、重なっている部分が小さすぎて支えられませんでした。

 

なので出来る限り鎖部分を軽くするためにカッターでカードを剥がした後、鉋がけのようにカッターでギリギリまで薄くしました。力をかけると破れてしまうので難しかったですが、なんとか綺麗にくっついてくれました。

 

髪の毛にも今まで以上に拘りました。

f:id:aratananews:20191103211900j:image

写真だと分かりずらいと思いますが、今回は髪の毛を3段に分けて作って立体感を出しました。少し前髪が浮いている気がしなくもありませんが、そこまで違和感はありません。

細かい作業が必要ですが、やって良かったです。

 

 

一方で改善点は顔、具体的には目と口です。

今までは薄く切った目のパーツを貼り付けて少し盛り上げていたのですが今回はしませんでした。

実際の人間の目は、目の中心は少し前に出ていますが、実際には顔の皮の内側から出ています。そう考えると目だけを前に出すのはおかしいですよね。

なのでリアルに作るならば、顔の土台に目をつけて、その上から目を(今回は口も)くり抜いたマスクの様なパーツをその上からつける必要があります。

f:id:aratananews:20191103213854j:image

実際にやってみたのですが、どうしても汚くなってしまい、最終的に諦めました。

レジンなどを使うという手もありますが、カードだけで作りたいですし、目が飛び出してしまうことも改善しません。何か考える必要があります。

 

 

他にも髪の毛の細かいところの切り残しや、迫力不足、あとは作るのに時間がかかり過ぎるなど、まだまだ沢山の問題があります。

ですが最初と比べると見違えるくらい上手になったと自負しています。

 

作る事自体が楽しいので、これからも作り続けていきます。

現在は知り合いに頼まれたものを作っています。ディズニーの物なので著作権が厳しいのでブログには載せませんが。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

遊戯王シャドーボックス 極星天グルヴェイグ

こんにちは、あらたなです。

 

今回は遊戯王の「極星天グルヴェイグ」のシャドーボックスを作りました。

f:id:aratananews:20191009192117j:image
f:id:aratananews:20191009192113j:image

 

今回は過去最高の8枚で作りました。

 

自分で言うのもアレですが、かなりいい出来ではないでしょうか?

細かく作れていますし、違和感の感じるところも特にないと思っています。前回までの作品よりも明らかにレベルアップしていると自負しています。

 

今回はとにかく丁寧に作る事を意識しました。あまり動きのある絵ではないので、前作の「スクラップ・ワイバーン」よりも迫力を出すのは難しいです。

aratananews.hateblo.jp

 

なのでパーツを多くし、出来る限り上手に、綺麗に作ることで、少しでもレベルの高いシャドーボックスを目指しています。

 

その甲斐もあって今まで作ってきたシャドーボックス の中で最高傑作が出来たと思います。パーツの1つ1つは綺麗に切れていますし、貼り付ける際にズレたりもしていません。立体感も十分にあります。

 

特に工夫したのはスカートと両手です。

まずはスカートの部分、白い部分と金色の部分はわざと高さを少し変たうえで分けてつけました。

f:id:aratananews:20191009193009j:image

白い部分よりも金色の部分の方を少し高くしようとしたのですが、白の上にそのまま金色を乗せるとカードの厚みのせいで高低差が大きくなってしまいます。なので今回は白と金の間の黒い部分で分けて切り、そのあとパズルのように付け直しました。その時少しだけ金色の部分が高くなるようにつけています。

 

このようにつける事でより本物に近い立体感を出す事が出来たと思います。

 

 

次に両手の部分、絵の通り指を槍の上に掛かるように組み立てました。

f:id:aratananews:20191009193650j:image

特に右手はかなり難しかったです。説明するのは難しいのですが、指を槍の上に、手首を槍の下に、肘を胸の鎧の下になるようにしました。

そのために指の部分をかなり曲げたり、細かく切ったりと難しい作業が目白押しでした。

ですがこれも、する事でよりリアルになり、迫力もましたと思います。

 

上の二つの様に自分でもよく出来たと思う点が沢山ありますし、逆に失敗したと感じたところはほとんどありません。シャドーボックスを始めて3ヶ月が過ぎましたが、上達したこともあってミスはほとんどしなくなりました。

 

これからはどれだけ切る、曲げる、貼るなどの精度を上げられるか。

それとどれだけ工夫を凝らす事が出来るかが勝負になってきます。

 

今回の作品で言うならば、白い服の部分はもう少し何か出来たかもしれません。上半身は一枚で服を作り、その上から鎧をつけただけです。

イラスト自体に特に何も描かれていないので、何もしない方が正しいのかもしれませんが、微妙な凹凸が布の質感の表現に作用します。もう少し重要視するべきでした。

 

あと今後は作業中の汚れに気をつけたいです。シリコンボンドがカードについてしまったり、自分の手汗や手の油がついて汚れてしまったりで、汚れてしまう事が多々あります。

ボンドの汚れは上達すれば無くなっていくと思いますが、手汗はそうはいきません。

 

私はかなりの汗っかきです。昔ちょっとした検査を受けた事がありましたが、病気レベルとは言いませんがかなり重度の汗っかきでした。

今後は左手に手袋を嵌めるなどして対策しようと思います。

 

あとはツヤ出しのスプレーやレジンを使ってみたいです。特にレジンは使うことができれば表現の幅が広がります。

今回の作品で言えば、目の部分や身体中の青い宝石、名前の横の宝石の部分では確実に使用します。

単純な円形だけでなく、もっと細かい形も出来るようになれば細かい凹凸なども表現出来るかもしれません。

 

ですが一方でカードだけで表現するのも一つのこだわりの様に感じます。もちろんボンドやペンは使っていますが、作品として見せる部分はカードのみに統一するのも私は好きです。

 

取り敢えず今後使ってみてからこれからのシャドーボックスの方向性を定めていきます。

 

 

次の作品は遊戯王カードではなく、父の依頼でポストカードを使ってシャドーボックスを作ります。清水寺の風景ですが、人が何人か描かれているので、今までの作品とはかなり違います。なのでうまく作れるかわかりません。

 

出来が良かったらブログやTwitterに載せようと思います。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

あらたな、万引き未遂! 落ち着いて正しい対応を。

こんにちは、あらたなです。

 

今日かなり怖い出来事がありました。

その事について書いていくので、良かったら読んでいってください。

 

今日のお昼頃、シャドーボックスの素材を買うためにブックオフに行きました。そこでバラ売りの遊戯王のストレージを漁っていました。

かなりの枚数があり適当な順で並べられているので、欲しいカードを探すのには時間がかなり掛かります。

3時間以上立ちっぱなしでカードを漁り続け、最終的には30枚のカードを買いました。10枚で200円なので合計600円です。

f:id:aratananews:20191006214700j:image

いつもはカードを買った後は少し本を読んでいくのですが、昨日のラグビー観戦の疲れが残っていたので、今日は直ぐに帰りました。

 

 

家に着いた後は買ったカードを確認せず、スマホなどをして時間が過ぎて行きました。

そしてついにカードを確認しようと持っていったカバンの中身を確認した時、

なんか変なカードが入っていました。

f:id:aratananews:20191006214707j:image

出てきた瞬間、意味が分からず頭が真っ白になりました。だって買った覚えがありません。私はストレージの安いカードしか買ってないから間違いありません。

 

ですが一方で見覚えは凄くあります。

ストレージを漁っていた際に手元に置いていたカードです。同じ名前の安いカードを探していたので、確認用に手元に置いてありました。

実際にこのカードのノーマル版は二枚買いました。

 

さらに言うと、私はこのカードを元の場所に戻した覚えがありません。お店でカードを探していた時は気づきませんでしたが、いつのまにか無くなっていました。

 

つまり私は知らぬ間に万引きをしてしまいました。言うまでもありませんが犯罪行為です。

 

この時私の頭に天使と悪魔が出てきました。アニメなどでよくある表現ですが、本当に心の中に湧き上がってきます。

悪魔が、今日の事はこのまま忘れろと言い、

天使が、お金を払いに行こうと言ってきました。

 

最初は悪魔の意見が優勢でした。お店を出た時は何も言われなかったのでもうバレないんじゃないか?それに200円くらいなら見逃してくれるんじゃないか?と真剣に思っていました。

カードを探している人は他にも何人かいたので、私だと分かる確率はかなり少ないでしょう。

 

ですがネットで色々と調べてみると、後日万引きで捕まったケースもいくつかあります。

それに防犯カメラにカードがカバンに入る瞬間が写っているかもしれません。

 

もしかしたら捕まるんじゃないか?そう考えると心が落ち着きません。不安になって気分が悪くなってきました。

 

結果天使が勝ち、というか悪魔が怖じ気付いて、お金を払いにいく事にしました。

 

 

ですが、お金を払うにも2パターンあります。

店員に事情を説明するか、言わずに商品として買い直すか、の2つです。

 

最初は2つ目を考えていました。お店に正直に言っても信じてくれるか分かりません。万引きを疑われる可能性も十分あります。

それに信じてもらえたとしても、住所や名前を聞かれたりして面倒な事になる可能性もあります。私はこれからもそこのブックオフに行くつもりなので、変に目立つのも良くありません。

 

ですが今回お金を払いに行くのは正義感からでは無く、自分の不安を払拭する為です。防犯カメラなどから疑われるのでは?っと考えると完全に安心は出来ません。

それにお昼来た人が夕方にまた来て、一枚カードを買っていくのは不自然です。高いカードならまだしも200円のカードならばその場で変えたでしょうし。

 

なのでお店の人に事情を説明する事にしました。

 

そうと決まればすぐに行動!

事情を説明した母にすぐ車を出してもらい、ブックオフへと行きました。ブックオフは遅い時間まで開いているので時間に余裕はありますが、出来るだけ早く行った方が良いと思ったからです。

 

日曜日の夜という事もあってほとんどお客さんはおらず、スムーズに店員さんに事情を説明することができました。

 

ブックオフ側も凄く丁寧に対応してくれました。完全に私が悪いのに、知らせた事に対して感謝されて少し申し訳なかったです。

店長に話しが渡り、商品を返すだけで良いと言ってくださりましたが、こちらが悪いうえにカードを少し折っています。おそらくカバンの中に適当に入っていたせいです。縁の辺りに一目で分かるレベルの折り目がついてしまいました。

 

いくらなんでも申し訳なくて、正式にお金を支払って購入しました。元々好きなカードなのでそこまでお金を払うのが嫌ではありません。

折れてしまっているのは残念ですが、自分の所為なので仕方がありません。絵の部分が折れていないのでシャドーボックス には問題なく使えそうです。

 

ちゃんとお金を払い、お店側にも対応してもらったので、私の不安も完全に払拭しました。今は落ち着いてブログを書けています。

 

もし私が今日中にカードに気づかなかったら、もし悪魔の意見が勝って何もしなかったら、それで捕まってたら、どうなっていたか分かりません。200円の出費で最大限の良い結果に終わることが出来ました。

 

今回の件は危ういものの貴重な経験になりました。今後はこのような事が無いように気をつけます。そしてもし、同じようなことがあったら今日の様な判断をすると心に決めました。

 

皆さんももしこの様な事があったら、危険を犯さず正しく安全な選択を心がけてください。

自分自身のミス以外にも、悪質な人間が商品を人のカバンの中に入れる様な事もあると聞きます。実は私の場合もそうなんじゃないか?と疑っています。

 

もう一度言いますが、正しく、安全な方を選んでください。絶対にそちらの方が良い結果になります。

 

本当に何事も無く終わって良かったです。読んでくださりありがとうございました。

遊戯王 スクラップ・ワイバーンのシャドーボックスを作りました

こんにちは、あらたなです。

 

今回は遊戯王の「スクラップ・ワイバーン」のシャドーボックスを作りました。

 

f:id:aratananews:20190924185548j:image
f:id:aratananews:20190924185557j:image
f:id:aratananews:20190924185554j:image
f:id:aratananews:20190924185551j:image

 

今回は7枚で作っています。いつもながらですがもっと枚数があればと思いました。

 

今回の目標は「迫力を出す」でした。

 

今までは綺麗に作る事を第一目標としてきましたが、今回は多少違和感があっても、より映えるように意識して作っています。

 

なので出来るだけ前に出るように作りました。顔と足の部分は今までの作品に比べてかなり立体的になっています。

 

本当は羽の部分ももっと前に出したかったのですが、絵の構造的にこれ以上前に出すと羽の角度がおかしくなってしまいます。

なので残念ですが羽だけはあまり迫力がありません。

ですがそれ以外のところはかなり「迫力」が出ていると思います。

 

 

また、それに伴い作り方も一部変えてみました。

今までは外枠を額のように扱っていたので、絵の部分は周りよりも低くなっていました。

 

ですが今回は顔の部分が外枠から飛び出しています。そうする事でシャドーボックスの魅力である「飛び出している絵の迫力」がより強まりました。

f:id:aratananews:20190924190358j:image

 

それに外枠の部分を額ではなく作品の一部として扱った事で外枠への加工にも違和感なく取り組めました。

今までは絵以外の部分には何もしていなかったのですが、今回は矢印、名前、属性の部分を浮かび上がらせ、効果の部分は切り抜いてみました。

 

やはりこれくらい色々とやった方が良い作品になりますね。

今はまだ使えませんが、将来的にはレジンとかも使ってみたいです。

 

 

今回の作品にはかなり満足しています。

特に失敗したところもありません。綺麗に切れましたし、貼った時のズレも無いと思います。課題だった「迫力」も良くなりました。自分の力を最大限に出せたと思います。

 

唯一気になるところは背中と頭辺りから出ていると水蒸気の部分です。

f:id:aratananews:20190924190415j:image

 

水蒸気の部分はしっかりと形作られて描かれているので、切って貼り付ける事も出来たのですが、今回は完全に無視しました。

水蒸気は本来形の無いものですし、半透明になっているので、流石に貼り付けるのはおかしい気がします。

背中の水蒸気はまだ貼り付けても良かったのですが、顔の部分からの水蒸気は貼り付けると違和感が凄かったです。

もしかしたらもっと良い方法があったのかもしれませんが、今の私の技術と発想では、何もしないのが一番マシでした。

一応水蒸気の部分がズレないように貼るのは心掛けています。

 

今回の作品の出来にはすごく満足しています。ですが今回の絵は、難しいものの迫力は出しやすい絵です。

次回はまた人型のイラストのカードで作るつもりなのですが、そういう絵は立体の強弱を出すのが難しいです。

 

次の作品も「迫力」や「インパクト」に意識したより良い作品を目指して作っていきます。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

遊戯王 風霊術ー「雅」のシャドーボックスを作りました。

こんにちは、あらたなです。

 

また1つ、シャドーボックスが完成しました。

今回作ったのは遊戯王の風霊術ー「雅」です。

f:id:aratananews:20190908112025j:image
f:id:aratananews:20190908112033j:image

6枚で作りました。

 

今回のカードの特徴は後ろの文字だと思います。今まではメインのキャラクター1体だけを立体的に見せれば良かったのですが、今回は後ろの文字と下側の魔法陣が有ります。

さらには服を何枚も着ていますし杖も持っています。

なので重なり合うパーツが今までの作品の中で断トツに多いです。それをどれだけバランス良く組み立てられるかが重要でした。

 

 

 

この作品でも色々と工夫しましたが、特に拘った点は後ろの文字の部分です。

 

後ろの文字は元々1段しか高さを出さない予定でしたが、2段にして出来るだけ迫力を強くしました。

そして文字を1画ずつ切りました。

本来の絵の通りでは「雅」の字は全て繋げて判子の様に書いてありますが、今回はより立体的になる様に書き順通りに重ねてみました。

f:id:aratananews:20190908113726j:image

このやり方が良かったのかどうかは分かりません。元々繋がっていた部分を切り離したので、その部分の枠が無くなってしまっています。よく見なければ分かりませんが、気づいてしまうとかなりの違和感です。

ですがその分少しは迫力が出たのではないでしょうか?

 

 

一方で今回の作品で一番難しかったのは立体的に組み立てるところでした。

重なり合う部分が多くて、カード6枚では足りません。結果、バスボンドを大量に使って無理矢理高さを出しました。なので実はスカスカです。

それに、いつもは一番下のカードは全く切らないのですが、今回はどうしてもパーツが足りなくて、中央を切り抜きました。なので裏から別のカードを貼ってあります。

 

あと1枚、欲を言えば2枚同じカードがあればもっと簡単に作れました。次からカードを買う時は余裕を持って8枚くらい買っておこうと思います。

 

 

続いて今回の反省点です。

今回の作品の反省点としては、1番は迫力が不足だと思います。

今回は文字や服の部分などで出来るだけ構図を意識して迫力を出そうとしましたが、完成してみれば今までとそう変わりません。

 

今回のカードはパーツが少ないので、パーツが多かったブラック・ローズ・ドラゴンなどに比べて迫力が出難いです。なのでもっと貼り方や切り方を工夫して、一目見た時のインパクトを強める必要があります。

  

aratananews.hateblo.jp

 

 

また、髪の毛の部分にも課題が沢山あります。

f:id:aratananews:20190908114836j:image

今回の作品は小さくて尖っている様なパーツは少なめでしたが、髪の毛だけはすごく難しかったです。

その結果、髪の毛の細かい部分で白いところが目立ってしまいました。これは工夫とかよりも単純な技術的な問題なので、練習するしかありません。

もっと上手くなって、切り残しを無くして白い部分が見えない様にします。

 

そして髪の毛の貼り方も少し失敗しました。

立体的に見せようとしすぎて髪の毛が不自然に浮いてしまっています。

髪の毛のパーツはもっと丸みを帯びさせた方が良かったと思います。

 

 

この様にまだまだ改善するべき点が沢山あります。次はこれらの点、特に迫力やインパクトについてもう少し工夫して作ってみます。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

ブラック・ローズ・ドラゴンのシャドーボックス完成

こんにちは、あらたなです。

 

ついにシャドーボックス8作目が完成しました。今回は遊戯王の「ブラック・ローズ・ドラゴン」で作りました。

f:id:aratananews:20190902152200j:image
f:id:aratananews:20190902152157j:image

今回は7枚でつくりました。カードと貼り付ける用のバスボンド以外は使ってません。

 

 

今回の作品は凄く頑張りました。

実は私がシャドーボックスに憧れた理由はプロの人のブラック・ローズ・ドラゴンのシャドーボックスを見て私もこれを作りたいと思ったからです。

なのでパーツの1つ1つを今まで以上に丁寧に切りましたし、貼り付ける時も細心の注意を払いました。

 

それにパーツの数もかなり多く、重なっている部分もたくさんあります。それに細いところや小さすぎるところは切るにも貼るにも時間がかかりました。ですがその分今まで以上の作品になったと思います。

 

 

一番こだわったところは頭の辺りの花びらの部分です。写真の中央少し右上辺りです。

f:id:aratananews:20190902160755j:image

どうですか?

私的にはかなりいい出来だと思います。もちろんプロの人たちの作品にはかないませんが、シャドーボックスを始めて8作品目にしてはなかなか良いのではないでしょうか。

 

ちゃんと全てのパーツを切って、縁を黒く塗って花びらのように少し曲げて、そして丁寧に1つ1つ貼りました。

ちなみに一部パーツの縁が白く見えるのは光の加減のせいです。実際にはちゃんと黒く塗ってあります。

 

実際にカードを手にとってみると分かりますが、とてつもなく小さいです。小さすぎてピンセットでつまむ事すら苦労します。私が使っているピンセットはホームセンターで普通に売っているピンセットよりも先がかなり細いですが、それでもうまくつまめません。

 

しかも小さいくせして厚みは普通のカードと同じで結構あるので、ピンセットでつまんだ時に力んでしまうとせっかく切ったパーツが飛んでいきます。そして小さいので見つかりません。

今回の作品を作る中で4回もピンセットからパーツが飛び去り、二度と戻ってきませんでした。

 

 

あと、ブラック・ローズ・ドラゴンの特徴である薔薇が重なり合った体もかなり上手に出来ました。

f:id:aratananews:20190902162017j:image

ちゃんと正しく重なり合っていますし、十分迫力もあります。花びらに見えるように1つ1つのパーツを曲げたりへこませたりしたので、しっかりと花びらに見えます。

光を反射しているのはキラカードだからでは無く折り曲げたからです。実際には光っていません。

 

 

一方で失敗した所、改善点もたくさんあります。1つ目は頭の部分。

f:id:aratananews:20190902162616j:image

花びらがまっすぐ何枚も重なっている部分ですが、私は一枚で作っています。理由は細かすぎて今の私には無理そうだから、そしてカードの枚数が足りなかったからです。もっと上手くなったらしっかりと立体的に作ります。

 

2つ目の部分は花びらと胴体の付け根部分。

f:id:aratananews:20190902162946j:image

写真だと見にくいかもしれませんが、空洞になっています。これは構図の問題や貼り付けていく中でのズレが重なった結果です。

 

 

他にも細かい部分で直したいところがたくさんあります。ですが今の実力だとこれ以上のものは作れません。

これからも練習してもっともっと上手くなってもう一度挑戦します。

 

 

次は人型のキャラクターのカードで作ろうと思っています。今回は細かい部分が多く正しく作ることが目標でしたが、次はどれだけ工夫を凝らせるかを目的に頑張っていきます。

 

 

読んでくださりありがとうございました。