あらたなブログ 引きこもりの生活

対人恐怖症で引きこもっています。

センター試験の思い出(受けてない)

こんにちは、あらたなです。

 

朝この文章を書き始める直前に、妹がセンター試験に向かいました。前日にしっかりと準備を終えていたので慌てずに出発しました。私の地域は雪も降らず暖かいので良い受験日和だと思います。

 

多くの兄、姉がこの景色を懐かしいと思うのでしょう。もちろん、大学を推薦で入ったり、就職した人もいるので、そういう人は特に思い出もないと思いますが。

 

一方で私は、なんか変な感じです。デジャブというか、微妙な懐かしさがあり、でも違和感もすごくあります。

 

私は高三の11月ごろから引きこもりになったので、センター試験は受けていません。ですがそれまでは大学受験に向けて勉強していました。

なのでセンター試験の過去問を解いたりもしていました。懐かしさはそのせいでしょう。

 

 

もう2年前になります。当時は私も最低限の受験勉強はしていました。理系の特待クラスだったので、毎日のようにセンター対策もしていました。

1番得意だったのは現代文です。センターの過去問でもいつも満点でした。それに20分くらいで全問解いていたので、古文にしっかりと時間を掛けられました。

 

私が思うに、センター試験の現代文は受験勉強をするよりもとにかく本を読むことが重要です。

たくさん読んで、読むスピードと読解力を付ければどんな問題でも簡単に解けます。あとは軽く漢字を覚えれば満点です。

当時の私は受験生にもかかわらず毎日2冊分くらいの小説を読んでいました。大体がライトノベルやネット小説でしたが、そういう作品の方が専門用語が多く、人間関係も複雑です。

 

現代文が苦手な人は、読みやすいネット小説を大量に読むことをおすすめします。

 

 

一方で英語にはすごく苦労していました。

理系でも英語はかなり重要で、センター試験だけでなく二次試験にも必要だったので、勉強しないわけにはいきませんでした。

ですが英語は中学の時から苦手で、それがずっと続いたせいで知識が全然足りませんでした。

 

特に英単語は全然覚えられませんでした。興味のない事柄のせいかすぐに頭の中から抜けていきます。そのせいでいつも点数が悪かったです。

 

 

あと覚えているのは化学の分野で、グルコースとか、酢酸、エタノールとかの構造式の分野です。

それまでは化学は私の得意分野で、成績もトップクラスでした。ですが構造式で躓いて、一気に赤点近くまで落ちました。

 

構造式は今までの化学よりも覚える要素が多く、計算の要素が少ないと感じます。そのせいで感覚や才能よりも勉強量が重要となって、勉強量の少ない私は置いていかれたのです。

 

とはいえセンター試験程度の問題は解けましたし、二次試験では物理で勝負する予定だったので特に気にしてはいませんでした。

 

 

なので当時はとにかく英語を勉強しろと先生にうるさく言われていました。

 

 

結局、2年前のセンター試験当日は家で蹲っていました。あの頃は特に精神が不安定で、センター試験のことなんて考える余裕も無かったです。

 

ですが今、受験勉強をしている妹を見ると、私の受験勉強は全然本気でなかったのだと思います。

当時を思い出しても勉強したのは学校の授業、家では特にしていませんでした。

当然です!私には大学なんてどこでも良かったのですから。将来のことなんてどうでも良い私に、受験のモチベーションが出る訳がありません。

 

大学に行くにはお金もかかります。県外に出るならば生活費も必要です。

今思うとセンター試験を受けなかったのは正解だったと思います。

 

無責任な言い分になりますが、妹にはセンター試験を頑張って欲しいです。あれだけ勉強してきたのできっと良い点が取れると思います。

 

センター試験は明日も続きます。天気が良い過ごしやすい日になることを願います。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

P.S.  ちょうど今、妹が帰ってきました。今日のセンター試験は結構手応えを感じたみたいで、家の空気も明るいです。

真冬日到来!体調に気をつけて。

こんにちは、あらたなです。

 

最近は今まで以上に寒くなってきました。私のすんでいる地域では雪は降っていませんが、それでもかなり寒いです。

なんとなくのイメージだと、真冬と言えば12月のイメージですが、本来は1月の終わり頃が一年で1番寒いそうです。

 

新春なんて嘘ですね!旧暦に騙されてはいけません。今は真冬です。

 

 

寒すぎるせいで最近は色々とやる気が起きません。私の部屋には暖房設備がなく、ヒーターは妹が使っているので、湯たんぽで凌いでいます。

しかも私は汗っかきで、冬でも手足に汗をかきます。そのせいで余計に冷えてしまうので、靴下だけでは足りません。厚めの靴下とモコモコのスリッパでも力不足です。

 

「最近の子はクーラーのせいで汗をかかないから、汗をかくのは良いこと。」

と母は勝手な事言っていましたが、汗っかきの辛さを知りませんね。冬は寒くて夏はベトベト、手汗が物について汚れることもよくあります。

 

 

話を戻してこの寒さ、この時期は風邪やインフルエンザが心配です。私も今は一日中マスクをして過ごしています。

マスクは自分への予防には効果が無いとテレビで言っていましたが、くしゃみを遠くに飛ばさないという効果があります。あと喉の保湿とか。

私にとって重要なのは風邪をうつさないことです。妹は受験生、今風邪をうつしたら一生恨まれてしまいます。

 

明日からのセンター試験が終われば、家族全員少しはホッとするでしょう。良い結果で終わればですが。悪ければ大変なことになりそう。

とはいえ妹は私と違って凄い頑張っているので大丈夫でしょう。

 

 

こんな寒い日、しかもセンター試験前日なので、今日の晩御飯はおでんにしました。

f:id:aratananews:20200117215836j:image

温まりますし、消化にも良さそうです。白米に合わないところが私的にはマイナスポイントですが、冬の美味しいの代名詞の1つには違いありません。実際に美味しかったですしね。

 

明日も消化に良くて栄養価の高い夕食にする予定です。母と煮込みうどんでも作るつもりです。具沢山の雑炊なんかも有りですかね?

引きこもりニートとはいえ家族の一員です。最低限のサポートはするつもりです。

 

 

これから寒い日が続きますが、妹も頑張っています。私も頑張らなきゃいけませんね。

 

皆さんもサムさん負けず、体調に気をつけて過ごしてください。

あと受験生に風邪をうつさないように!

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

私の人生で1番幸せな今

今週のお題「二十歳」

 

こんにちは、あらたなです。

 

先日、成人式がありました。多くの人が参加し、新成人としての始まりを迎えた事でしょう。

私の同級生たちは、今日も大学で学んだり、働いたりと頑張っているのだと思います。

 

そんな中で取り残されたのが私です。

皆が自立している中、私は働かず毎日家の中で適当に暮らしています。

この前の成人式の日も家で大人しくしていました。精々、夜に酎ハイを一杯飲んだくらいです。

 

こんな生活、人生になってしまった分岐点は、多分高3の11月ごろに引きこもりになった時でしょう。

 

あの時までは、表面的には充実した学校生活を送っていました。受験も近かったですが、勉強や受験への心配もありませんでした。

あの時に色々なことが積み重なって壊れてしまわなければ、多分私は大学に行っていたでしょう。そこでは今とは比べ物にならないくらい充実した生活を送っていたのだと思います。

 

 

ですが自分でも意外で面白いことに、

過去に戻ってやり直したいと思ったことは一度もありません。

 

今でもあの時に受験しなかったのはもったいなかったとは思っています。

ですがあの時は本当に辛くて、そして今が人生で1番幸せです。

 

 

性同一性障害トランスジェンダーで悩んでいた学生時代。

あの頃はとにかく人と関わることが辛くて、毎日が地獄の様でした。別に誰かが悪いわけではありません。ですが人と関わることで自分が「どの様な存在」であるかを自覚すると無性に死にたくなるのです。

 

男性に同性として扱われ、女性には異性として扱われる、全ての人間に対して苦手意識や嫌悪感があり、怒りをおぼえることまでありました。

中学生の時、とある女性教師に

「男らしくしろ」

と言われた時に、私が殺人容疑で捕まらなかったことはかなりの奇跡だと思っています。

 

 

そんな状態で生きてきた後、引きこもりで誰とも関わらないようになった今がとてつもなく楽で、安心して、幸せに感じます。

本音を言えば、私は働かず、大学にも行かず、家でニートしているという私の選択を後悔していません。むしろ良い選択をしたと自負しています。

 

どうせ大学を出たら死ぬつもりでした。それならば高い学費を払って大学に行くよりも、ニートの方がお金も時間も節約できます。

私の人生で唯一失敗したのは、もしかしたら高校に進学したことかもしれません。公立高校とは言え、それなりに高い学費をむだにしてしまいました。

 

 

皆が大学から卒業するまで残り2年と少し、それまでに何かしら生活できる力を持てばそれで良し。出来なければその時はその時です。

 

 

とにかく今は幸せです。

ですが、今後の人生で何を目指していくのか?

その為にどんな努力、生活を送っていくのか?

それを早く決める必要があります。

 

 

小説でも書いてみようかな。なんてね!

 

読んでくださりありがとうございました。

成人式のボッチ飲み

こんにちは、あらたなです。

 

私の住んでいる地域では、1日早い今日が成人式でした。

新成人である私にとっては大切な日です。

 

もちろん参加しませんでしたが。

 

 

引きこもりニートの私が行くはずがありません。昔の友達数人に誘われましたが、全て断りました。

成人式の後は集まってお酒を飲むと言っていたので、今頃は皆んなで飲んでいるのだと思います。

 

せっかくなので、今日は私も1人でお酒を飲むことにしました。

f:id:aratananews:20200112224727j:image

f:id:aratananews:20200112230428j:image

さっき近くのドラックストアで買ってきました。500円弱の出費は今の私には痛いですが、記念日なので奮発しました。

お酒を買うのは初めてで、飲むのも6月以来半年ぶり2回目です。

 

お酒を買う時に年齢確認がされなかったのが地味にショックでした。そんなに老けて見えるのでしょうか?それとも必要無かったのか。

 

久し振りに飲んだお酒はアルコール度数4%と言う事もあって美味しく飲めました。おつまみも美味しいです。

お酒自体には強い方みたいで、この程度じゃ全く酔えませんでしたが、お酒を飲んでいると思うと少し気分が良くなりました。

 

やっぱり1人でいる方が気が楽です。おつまみも気にせず好きなように食べられますしね。

 

 

今後も特別な日にはこうやってお酒を飲むのもありかもしれません。

明日成人式の方とそのご家族、特に準備は大変な女性の方は頑張ってください。私の分まで成人式の思い出ができると良いですね。

 

気分がいいのでこの辺で終わります。

読んでくださりありがとうございました。

 

煩わしい私の親友 by引きこもりニート

こんにちは、あらたなです。

 

今日、久し振りに友人が訪ねてきました。

小学生時代からの友人で、引きこもりになる前はよく一緒に遊んでいました。

引きこもりになってからも、数ヶ月に一度は様子を見にきて、旅行のお土産なども持ってきてくれる、とても優しい友達です。

 

今回は広島の方に行ったらしく、お土産にお菓子を買ってきてくれました。なんでもとある恋愛ゲームの聖地に行ってきたそうです。

 

 

そんな友達に感謝の気持ちもあります。私にとっては1番の親友でしょう。

ですが今の私は、彼が来るとどうしても

「煩わしい 」「会いたくない」

と思ってしまいます。

 

その理由はやはり、話の矛先が私に向くからです。

お土産を受け取った後、私の今後についての話になります。心配してくれているのは分かりますが、私にとっては話しにくい事で、いつも適当な事を言ってはぐらかしています。

 

嘘は言っていないけれど、本当の事も言わない。

そんな感じです。

 

彼は私の詳しい事情は知らず、引きこもっていることしか知らないと思います。なので的外れな事も言ってきますし、図星で心にくる事、デリカシーの無い傷つく事なども言ってきます。

第一に彼は、私が性別などで悩んでいること、自殺しようとしたことなどの、深刻な問題を友達に話す気にはなれません。

今もネット越しだから言えていることで、家族に言うことすら厳しいです。

 

なので彼が意図せず核心にせまる事を言うのは、彼が悪いわけでは無いのかもしれません。ですが私もそう簡単に受け入れられません。

 

 

また、今日の会話では成人式の話もしました。

私は成人式は参加しない予定ですが、彼は成人式の日に他の数人の友達と何人かで飲まないかと誘ってくれました。

 

嬉しい気持ちがないわけでは無いのですが、お金の余裕も有りませんし、お酒もあまり好きではありません。

それに私以外はちゃんと大学に行ったり働いているので、私一人集中攻撃されそうで怖いです。

 

結局飲み会は色々言い訳して拒否させてもらいました。彼には申し訳ないですが、無事断れてホッとしています。

 

 

結局今日は5分くらいで帰ってもらいました。あまり長い時間ではありませんでしたが、家族以外との本格的な会話は数ヶ月ぶりです。かなり精神を消耗しました。

 

心配してくれる相手に失礼だとは思いますが、私のことは忘れて、そっとしておいてほしいです。

 

とはいえ私にはもったいない良い友達だと思っています。

健全に生活している皆さんは、良い友達は大切にして下さい。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

晩御飯は七草粥……あと焼き鳥

こんにちは、あらたなです。

 

昨日は1月7日、なので昨晩は七草粥を食べました。

f:id:aratananews:20200107211955j:image

七草粥春の七草を材料に、塩や醤油など薄めの味付けで作るお粥の事で、無病息災を願ったり、正月で疲れた胃を休めるなどの理由で食べられています。

 

妹の受験も近いという事で、験担ぎも兼ねて作ってみました。

本当は朝に食べるものらしいのですが、昼に思いついたので仕方がありません。また、市販の七草のセットを買ったので、本当の七草なのか分からない、微妙な七草粥になってしまいました。

 

 

作り方は簡単で、鍋にお米を入れて出汁で炊き、そこに軽く茹でた七草を加えて、塩で味を整えたら完成です。

f:id:aratananews:20200107212852j:image

 

薄味でしたが、七草の優しい味がちゃんと美味しさを出していて、思った以上に美味しかったです。

朝ごはんには最適だったでしょう!

 

残念ながら晩御飯です。流石に七草粥だけでは物足りませんでした。

 

結局冷凍の焼き鳥を温めることになりました。

胃を休める云々は完全に無視しています。

 

とはいえ、焼き鳥も美味しかったです。冷凍とはいえ、不味い焼き鳥なんてそうそう無いと思いますが。

 

適当すぎるかもしれませんが、今年一年、家族の無病息災を願っています。

 

皆さんも健康には十分気をつけてください。受験生とその家族の方は特にです。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

追記 7日に投稿したと思ったら出来ていませんでした。急いで「昨晩」に編集しました。

妹がピリピリ! 空気が重い! 怖い!

こんにちは、あらたなです。

 

お正月が終わってしまいました。

そして最近、私の家は空気が張り詰め、ギスギスしています。

 

理由は分かりきっています。妹の受験です。

 

もう直ぐセンター試験があります。高校3年生の妹には人生を左右する大切な試験です。

やはり緊張しているのか、それが近づくにつれて、妹の機嫌がどんどんと悪くなっていきます。

 

私の妹はかなり成績優秀です。県内有数の進学校でも上位を取っており、大学を決める際には

「京大は厳しいかも。」っといた、私にとっては異次元な会話が出てきます。

 

それだけ勉強が出来ても、むしろ出来るからこそ、妹は大学受験に相当なプレッシャー、ストレスがあるのだと思います。

 

 

そんな妹の気持ちを、年上の私は理解する事ができません。

なぜなら私は大学受験を受けていないからです。

私は高3の11月から引きこもりになり、そのせいでセンター試験も受けませんでした。その結果、大学受験の実際の辛さを経験していません。

 

それに私は高校時代、安くて近い大学に行くことを決めていました。

「人生は大学生まで」

という未来設計の私にとって大学のレベルや就職について何も考えておらず、ある程度のところに行ければいいと思っていました。

そして幸運なことに私は、妹とまではいきませんが、かなり勉強が出来ました。学校の授業を聞くだけでセンターで700点近くが狙え、近くの国立大学に苦労せずに入れる学力を持っていました。

 

人よりも大きなストレスを感じ続けてきたと自負している私ですが、勉強についてはほとんど悩んだ事が無いです。

 

なので私は妹の気持ちが分かりません。

それどころか、受験もせずにニートをやっている私の事を見るとイライラするだろうと思います。

自分が頑張っているときに、兄が気楽にニートで楽していたら殺意ぐらい湧いたとしてもおかしくありません。むしろよく我慢していると感心してしまいます。

 

そのあたりは妹に対して申し訳なく感じています。私自身も、逆恨みとはいえ妹に言いたい事があるので、謝罪したりはしませんが、受験シーズンは助けにはなれなくても、最低限邪魔だけはしないように心がけていきます。

 

 

受験が終われば妹も遠くに行くことになる予定です。それまでは出来るだけ波風立たせず、隠れて過ごしていきます。

 

 

皆さんも受験生への配慮は気をつけてください。私の母みたいに過剰に心配してもウザがられる場合もあります。

ほどほどが1番かもしれません。

 

 

読んでくださりありがとうございました。